交通事故捜査Ⅰ




3訂版 交通事故捜査1
−業務上過失致死傷編−

A−5判・全340頁  平成14年11月6日発行
品切れ


元函館地方検察庁検事正 窪田四郎
元青森地方検察庁検事正 福原暎治
東京高等検察庁検事   渡辺咲子 共著
(執筆当時)

 本書の改訂から6年が経過した。その間に交通事故事犯、特に悪質な事犯に対する被害者・その遺族をはじめとする国民の見方はますます厳しくなり、納得できる捜査公判が求められている。………このような中、平成13年には、危険運転致死傷罪を新設し、軽微な業務上過失傷害事案については、刑を免除する規定を設けた刑法の一部改正や悪質な交通違反についての法定刑を引き上げる等の道路交通法等の一部改正などの重要な法改正がなされた。そこで、これらの法改正や、現在の交通事故が直面する問題をもとに、本書を見直して必要な改訂を行った。本書が、日夜困難な交通捜査に当たっておられる捜査官のお役に立つことが少しでもできれば幸いである。

【本書の特色】
① 業務上過失致死傷事件又は危険運転致死傷事件の背後にあるかもしれない刑法犯罪について、捜査官が広い視野をもって交通事件の捜査処理に当たれるように、幅広く刑法犯について解説を行った。
② 「1 解説」では、犯罪の構成要件について、わかりやすく詳細な解説を重要判例とともに行った。
③ 「3 犯罪事実記載例」では、実務に役立つ犯罪事実の記載例を豊富に掲載。
④ 3訂版から新しく各罪名の最初の見出し部分に「捜査の着目点」を設けた。捜査の現場で何を注意しなければならないのか、すぐわかる。
⑤ 「捜査の着目点」を念頭に置きながら「1 解説」・「2 捜査のポイント」・「3 犯罪事実記載例」を読むことで、多忙な実務家が、短時間で犯罪の構成要件を理解できる。今までの解説書には無い、すぐ見て理解できるわかりやすいレイアウト。
⑥ 解説部分のレイアウトでは、「段落」の上げ下げや「小見出し」を上手に利用することで、文章の内容が理解しやすい(弊社の実務書の特徴)。多忙な実務家にとても便利。
【本書の内容】
第1章 総 説
 第1節 交通事故の現状と対策
 第2節 交通警察の任務と事件の送致
  第1項 交通警察の任務
  第2項 交通事故事件の捜査
  第3項 交通事故事件の送致
 第3節 交通事故事犯の法律上の地位と故意・過失
  第1項 交通事故事犯の法律上の地位
  第2項 犯罪論としての故意と過失
  第3項 過 失 犯
  第4項 信頼の原則
 第4節 交通事故事犯における過失の捜査
  第1項 概 説
  第2項 過失のとらえ方
  第3項 事実認定と証拠収集

第2章 業務上過失致死傷事件の犯罪事実記載例と捜査の要点
 第1節 犯罪事実の書き方
  第1項 犯罪事実の書き方
  第2項 送致書の「情状等に関する意見」の記載上の留意点

 第2節 故意的事故事例と捜査の要点
  第1項 無免許・運転技術未熟事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第2項 酒酔い運転事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第3項 過労,睡気,病気,薬物運転事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例

 第3節 交差点事故事例と捜査の要点
  第1項 交通整理の行われている交差点事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第2項 交通整理の行われていない交差点事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第3項 交差点の右折事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第4項 交差点の左折事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例

 第4節 歩行者事故事例と捜査の要点
  第1項 横断歩道上の歩行者事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第2項 横断歩道外の歩行者事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例

 第5節 進行中の事故事例と捜査の要点
  第1項 眩惑事故
  1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第2項 進路変更事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第3項 まがりかど・屈曲場所での事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第4項 滑走事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第5項 追越し(追抜き)事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第6項 対面車両との事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第7項 駐・停車車両の側方通過時の事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第8項 狭隘な道路の事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第9項 追突事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第10項 転回時の事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例

 第6節 発進・後退時の事故事例と捜査の要点
  第1項 発進時事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第2項 後退時事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例

 第7節 特殊形態の事故事例と捜査の要点
  第1項 進行中の開扉事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第2項 降車時の開扉事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第3項 停止降車後の事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第4項 乗客・同乗者に関する事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第5項 積荷事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第6項 故障車両の事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第7項 踏切事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例
  第8項 自転車事故
   1 解説 2 捜査のポイント 3 犯罪事実記載例

株式会社 実務法規
〒164-0002
東京都中野区上高田3-8-1
TEL:03-3319-0180
E-mail:info@net-kindai.com
.